指導プラべについて

このページでは
指導プラべの参加方法や取り組み方
注意点等について説明します

指導プラべについて

概要

  • 隔週の金~日に複数名の指導者が開催します
  • 「ランク制」でプラべ部屋を分けています
  • 入会初日から参加可能です
  • 時間は45~60分程度目安にしています
  • 調整さんというサイトを利用して
    出欠確認をとっています
  • Youtubeにて一般公開で行っています
  • 指導者によっては
    録画環境がない場合があります
  • 入会時は、S+0以上:Bランク S以下:Cランク
    実力に応じてランクが上がります
  • 参加する方は名簿より
    ゆと(プラべ垢)、まる、てりゅう
    に事前にフレンド申請するようお願いします

参加方法について

  • 撮影環境がない指導者の場合は
    動画はありませんのでご了承下さい
参加方法
  1. #指導プラべ出欠表
    というテキストチャンネルにて
    「調整くん」というリンクを貼ります
  2. そこで自分のランクに合った
    出欠表のリンクを選択肢
    都合の良い日に「〇」をつけてください
    変更・修正する場合は
    再度自分の名前をチェックしたらできます
  3. 〇を付けた日時までに
    指導者にフレンド申請を送って
    時間になったらロビーという
    ボイスチャンネルで待機してください
    (ゆと:プラべアカウント、まる、てりゅう)
  4. 1人1人観戦していきます。
    撮影環境がある指導陣の場合は
    Youtubeのアーカイブを確認して
    指導内容を確認してください
    それ以外の場合は
    全員に一言ずつ助言があります
  5. プラべ内の助言に対する質問は
    #指導プラべ質問板 にお願いします

また、プラべ前に
#プラべ前自己課題板
に「今日自分が何を気を付けて取り組むか」
を考えて書くようお願いします

そちらを確認して
確認等させて頂きます

自己課題の立て方について

次の視点を大事にしてください

  • 具体性のある内容にする
  • 評価できる内容にする
  • 課題の数は多くて2つ
    基本的に1つでいい

自己課題を立てる際、まず第一に
「自分が行動に映せる内容である」
というのが大事です

悪い例)
キャラコンに気を付ける

この場合
「キャラコンって何?」
「気を付けるって何?」
ってなります
キャラコンといっても

  • 塗り進みをはやくする
  • インクを踏まない
  • 操作ミスをしない

等と、沢山の項目があります
「気を付ける」も曖昧ですね

  • ミスを無くす
  • 速くする
  • (テクニックを)使う

など、色々な解釈があります

この場合
「塗り進みを最低限のインク消費で行う」
みたいな書き方をしたら
具体的でわかりやすい課題になりますね

また評価しにくい例も挙げておきます

悪い例)
潜伏しすぎない

「しすぎる」の定義って何でしょうか
何を基準に「やりすぎ」「足らない」
という評価になるのか曖昧です
これでは自分の感覚でしか評価できません

この場合、ある程度定義付けをします

潜伏をしすぎる=潜伏によって状況が悪くなる
ってことですよね
さらにそれを掘り下げると

  • 敵が自陣に抜けてエリア確保される
  • 自分が見ていないところで味方が
    やられて人数不利になる

みたいな風に具体的にできます
そして、「いつ」潜伏するのかも足りないですね

「抑えの潜伏中、敵が自陣に抜けてエリア確保したり
見えないところで味方がやられて人数不利にならないようにする」

というのが分かりやすい課題になります
このように
「自分が行動に移す上での具体的な内容で、
かつ、ある程度定義を明確にし評価できる内容」
というのを意識してください


充実した知識を獲得する



コーチングの専門家として活動をつづけた、ゆとの知識・考察を詰め込んだ有料記事がなんと読み放題。気になる方は是非下の画像をクリックしてください。



最高のAIMを身に付ける



ゆとの指導の原点にして頂点。プロも認めた練習方法になります。AIMを身に着けたい方は是非購入して練習してみましょう。下の画像をクリックしてください。